Hello, myself

自分と向き合う。そう決めました。少しばかり、そのプロセスにお付き合いください。

哲学とは 〜須藤凜々花さん「人生を危険にさらせ!」〜

AKB総選挙で電撃結婚を発表した須藤凜々花さん。

話題になりましたね。批判的な意見も多いようで。

 

私は、結構、このようなみんながありえない!と思うようなことを、やってのける人って、好きなんです。

違う例でいうと、沢尻エリカさんとか、国会議員上西小百合さんとか。

別に。とか言っちゃう。

めちゃくちゃ神経を逆なでするようなことツイッターで言えちゃう。

とかね。

 

なんでかっていうと、少なくとも、「正直さ」を感じるからかな。

だって、みんな何かしら、こう思われるからやめよう、とか

空気を乱したくないって思うでしょう。

 

でも、それって、本当に、他人への気遣いなのか?

 

それって、単に、よく思われたい自分、というのが、いい子ちゃんの仮面をかぶって出てきているだけなんじゃないのか。

 

単純に、自分への愛なのだ。

もちろん、自分を愛することは大事だけど、

そこに、他人への嘘を使って、自分への愛を表現するというか、

やり方がひねくれていると思うのです。

 

自分を守りたくて、自己愛ゆえに、他人によく思われようと、自分を犠牲にする。

自分を犠牲にして自分のことを愛する。

それってとても大きな矛盾を含んでいますね。

 

それで自分の中の矛盾を抱えきれなくなっていく。

苦しくなっていく。

 

自分を大切にしたいのに、犠牲にしてる。

なんでーー?

やり方間違ってるからや。

自分を大切にする方法が自分を犠牲にすることって、なんやねん。

 

そこに、他人からの評価が自分の価値を決めるっていう、どうしようもない考え方があるから、そうなるんですけどね。

 

「他人からの評価」っていう、

自分の力ではどうしようもないもの

相手が相手の都合で適当に起こす反応

によって自分の価値を決めようなんて、不安定すぎるやろ!!

 

自分の価値は、自分で決めればいい。

そもそも、価値なんて概念もいらないはず。

じぶんはそれ以上でも以下でもないし、誰かと比較できるものじゃないんだから。

 

・・・・という、私が惹かれる芸能人から、

ここまで思考が広がりました。

 

そして今、

須藤凜々花さんの本、「人生を危険にさらせ!」を読んでます。

初頭に、

哲学者とは、愛知者であるっていうことが書いてあって、

自分が知らないことを知っていて、その知を渇望してる人なんだよー

て書いてました。

渇望している状態がいつまでも続くって、苦しそう・・・と思ってしまいました。

 

私がいくつかの心理書を読んで学んだことの中に、

「望んでいるうちは手に入らない」

というのがあります。

「欠乏」が前提として、「欲しい」と思っているから、

その対象を手に入れても、その欠乏感は他の対象に移るだけで、欠乏は無くならないのです。

 

あ、でも哲学は、その「知」を永遠に知らない。その知を求めていく旅みたいなものと思えばいいのか。

物質のように、手に入れて満足して、また次のものを欲する、みたいなことにはならないのか。

 

うーん。ま、変に難しく考えすぎてますね。

 

人生についてうーんうーんと考えてみて、

でも、ま、どうでもいっか!ってなるのがオチです。

 

そう、どうでもいいんです。

でも、考えた上でどうでもいいやー!ってのと、

何にも考えないでどうでもいいやー!って、

それまた違うというか。

 

やっぱり人間は考えるのをやめられないのでしょうか。

楽しいですね。(やっぱ人間めんどくさい)

いつか

完成させたい。いつか

 

私の中に、何が足りない?

いつも探してる。

 

そのうち、何を求めているのかも、

分からなくなって、

間隔は、麻痺し始める。

 

何をしても、満足できなくなってくる。

 

苦しい。

助けて。

 

叫んでも、叫んでも、誰も助けてくれない。

 

そう、私を救えるのは私だったの。

 

一旦手を止めて、よく、見てみて。

周りを見渡すの。

 

私は、探すのをやめた。

だって、探しても探しても、見つからないものもあった。

思っていたのと違ったものもあった。

 

探すのは、辛い。

 

探すのをやめてみても、

諦めたらだめなんじゃないかって、

もうちょっと探せば見つかるかもって、

諦めるのも辛くて。

 

どっちにしろ辛くて。

 

私はこんなんじゃない。

もっと、もっと、たくさんのものを手に入れられるはずよ!って。

 

でも、私、こんなもん。

こんなもんなの。

ちっぽけで、つまらない、価値のない人間。

 

ああ、私はそう思っていたのね、自分のこと。

 

自分を愛することの大切さを、忘れていた。

自分を幸せにできるのは、自分だけだって、忘れてた。

 

喜びも、幸せも、感じるのは私自身。

 

私は、私以下でも、以上でもない。

私は私でしかない。

それ以上でも以下でもない。

 

 

 

 

流れる空気

私はいつか、人を愛せるのでしょうか。

 

自分を愛すことが大事だと言うけれど、

それで終わってもいいのか。

 

いつか、それは他人に向けられる日が来るのか。

 

今まで、自分を愛することは難しいことだと思ってた。思うようにできなかった。

 

かといって、上手く人を愛せた訳ではない。

 

自分にフォーカスして、自分を満たしてみる。

それと同じことを誰かにしてあげられる?

何よりも、人を愛することを、望んでいる?

 

なぜ愛はあるのでしょう。

 

自己愛だけの世界は成り立つのでしょうか。

 

どんな人にも、自分のように、またはそれ以上に、人を愛さずにはいられない時が来るのでしょうか。

義務感や罪悪感からではなく、

自らが望んで、誰かを愛したいと思う日が来るのでしょうか。

 

その前に、自分を愛さずにはいられない、

なんて思ってるかな?

 

そうね、なんだか寂しい感じがする。

 

自分が自分を見てあげないと、

ひとりぼっちな感じがする。

かわいそうな感じがする。

 

自分はかわいそうな存在なのかな。

 

私、かわいそう。

1人で、かわいそう。

 

実際、人間はみんな1人だ。

家族や友達がどれだけいようと、

結局は1人なのだ。

 

でも、みんな、どうせ1人なんだから、

私だけが、あなただけが、かわいそうなんかじゃない。

かわいそうでもいいの。みんなそうなの。

そう、1人じゃないの。

 

あれ?一回りして、1人じゃなくなったね。

 

私の考えは、こうやっていつも、

堂々巡り。

 

 

 

 

just easy

私はただ幸せな気分でいたいの。

自由を味わっていたいの。

 

時には悲しみを感じる時もあるでしょう。

絶望感を感じる時もあるでしょう。

 

でも、それは生きてるってことだから。

 

私は、たくさん感じたい。

私の中にあるものを、たくさん感じたい。

 

もっと、もっと、もっと。

 

あなたの心が、軽くなる時、

踊る時、弾む時、

 

それは、どんな時ですか?

 

私は

太陽の光を感じる時。

水の軽やかさを感じる時。

大地の力強さを感じる時。

 

あなたと見つめ合った時。

2人の間に何かを感じた時。

自然と唇が触れた時。

あなたのぬくもりを感じた時。

 

きっとその時のために生きてる。

 

愛されて、輝いてる人

愛されてる。

輝いてる。

素敵。

あんな風になりたい。

 

そう思う人物像、想像してみて。

どんな顔してる?

どんな表情してる?

どんな服着て、何をして過ごしてる?

 

人によって思い浮かぶ人物像は違うんだろうなあ。

 

私、気づいた。

 

自分のことを愛してる人の輝きを。

自分で、自分のことをしっかり愛してあげる。

そのことで放たれる輝きを。

 

たぶん、どんなに着飾っても、

どんなに仕事頑張っても、

どんなにお金持ちになっても、

どんなに美味しいもの食べても、 

 

どんなに外側のことだけ頑張っても、

 

出せない輝きがある。

自分のことを愛することによってしか

出せない輝きが、

あると思うの。

 

その輝き方は、他のどんなことでも代用できない。

ただ、自分を愛することでしか、手に入れることができない。

 

わたし、その輝きほしいな。

LOVE

決意

男に必要とされていたい。

さみしい。

一緒にいて。

愛して。

 

彼氏がいないと、落ち着かない。

でも、誰でもいいわけじゃない。

 

でも彼氏ができても、長続きしない。

束縛感が嫌で、

でも自分で束縛されにいってるのに気づいて、それが何故なのかわからなくて、混乱して。

そしてついに別れる。

でもすぐ戻りたいって言う。

 

そんなのを繰り返してた。

 

父親との関係を、繰り返してた、のかな。

 

私は自由じゃなくて束縛されてて、尊重されない。自分でそう思ってたから、そのまま現実に反映してた。

 

もう繰り返したくない。

 

私は自由でいい。

尊重されるの。

 

それを繰り返し自分に言い続けてあげないと。

 

もう、幸せになっていいよ。

お父さんへ④

お父さん。

私はあなたから、

私は尊重されない人間だ。

私は自由じゃない。

そんな価値観を貰いました。

 

でも今ならわかります。

わたしは「勝手に」その価値観を育ててしまっていたこと。

何も、お父さんが私にそう思って欲しくてあんな行動をしたんじゃない。

愛しているがゆえの行動だった。

決して理性的ではないけど、あなたも人間です。感情で言葉を発してしまうこともあるでしょう。

 

でも子供だった私は、多面的に物事を捉えることができなかった。

勝手に自分が否定さたように受け取っていました。

 

そして、今、自分でそれに縛られています。

 

その呪縛を解きたいと思っています。

 

苦しかったね。

嫌だったね。

気持ち悪かったね。

自分で、あの頃の私に寄り添ってあげる。

 

そして、私はお父さんが大好きなんです。

色んなところに連れていってくれた。

たくさん映画を見せてくれた。

たくさん本を読ませてくれた。

かわいい洋服たくさん買ってくれた。

学校に送り迎えもしてくれた。

お小遣いもたくさんくれた。

とっても愛されてた。

 

とても感謝しています。ありがとう。

 

間違って育ててしまった価値観を手放します。

 

私は、自由です。

尊重され、生きていきます。