Hello, myself

自分と向き合う。そう決めました。少しばかり、そのプロセスにお付き合いください。

Netflixドラマ「13の理由」を見た

誰でも、「死にたい」って冗談でも言ったことがあると思う。

それって、冗談なんだけど、100%冗談かって言えば、

実際ここで死ねたら、どんなに楽なんだろうって思うことがあるはず。

 

明日テストなのに全く範囲に追いついてない。

進路どうしよう。

親の期待に応えられない自分が情けない。

仕事が嫌だ。

彼氏と別れた。

 

だらしない奴だって思われる。

どうせ誰にも愛されていない。

もうどうでもいい。

逃げ出したくても逃げられない。

親に心配かけるわけにはいかない。

 

そんなこんなで、今死ねたら、どんなに楽だろうって、思う。

ずーっと心の底まで辿ると、正直言って、本気で思ってる。

死にたいって。

 

でも、それを実行に移す勇気があるかとか、

周りの人を悲しませてまで、そうしたいかとか、

かなりの大ごとになるってこととか、

色々あるから、実行しようなんて軽い気持ちでは思えないよね。

 

でも、どうだろう。

死ぬのが全然苦しくなくて、

ゲームのリセットボタンを押すみたいに、楽に死ねるとしたら、

死ぬのがタブーだと思われてないとしたら、

この世界のどれくらいの人が、死を選ぶのだろう。

 

まあ、現実、死は痛くて苦しくて、

ゲームのリセットボタンに例えるわけにはいかないんだけど。

 

とにかく、死にたいって感情、そんなマイノリティじゃなくて、誰もがメジャーに持っている感情だと思うんだよね。

 

自分でもその感情を直視しちゃいけない気がして、

その感情を持っていることを認めちゃいけない気がして、

否定してるけど。

 

そうやって、生きてる。

死を否定して、生きてる。

 

私は大丈夫。死にたくなんてない。いつかはいいことがある。

 

こうやって、生きてる。

 

苦しいよね。生きるのって。

全部が楽しいことじゃない。

この先どうなるかもわからない。

 

テレビで誰かが言っているのを聞いたことがある。

生き抜くことに意味があるんだって。

生きる意味とかじゃなくて、

最後まで生き抜くことに意味があるんだって。

 

辛いこととか、苦しいこととか、たくさんあるけど、

幸せなことも、生きていてよかったって思うことも、

少なく感じるだろうけど、でもそういうこともあって。

 

生き抜くことに意味があって、

最後まで生き抜いてみて、初めてわかることがある。

きっとそうなんだろうと思う。

 

広告を非表示にする