Hello, myself

自分と向き合う。そう決めました。少しばかり、そのプロセスにお付き合いください。

my feelings, my attitude

自分が今どんな状態か。

 

それらは全て、私が物事をどう捉えるかで決まる。

独立した物事。それに意味を与えるのは、私。

 

そして、どんな意味を与えるのかは、

私が私にどういう評価をつけているかが、反映される。

 

友達に無視された。

それにどんな意味づけをするか。

もし私が、「私はいじめられる人間」と思っていて、

「いじめられる人間なんて価値がない」と思っていたら、

その出来事は、私にとってとても辛い出来事になるだろう。

 

一方、もし私が、「私は素晴らしい人間」と思っていたら、

その出来事は、単に私の声がたまたま聞こえなかっただけだろう、みたいに、

なんの意味もなさない位の、ちっぽけな出来事になるだろう。

 

さらにその意味づけは糸を引いて、

「私はいじめられる人間」と思っていると、

友達に無視されたという出来事から、

やっぱり私はいじめられるんだ、と思い、萎縮し、自己主張のできない、いかにもいじめられっ子の様な行動を自らしていく。

 

「私は素晴らしい人間」と思っていたら、

友達に無視されても、これからの行動になんの影響も及ぼさないだろう。

 

前提の、自己評価。

これが、私たちの行動の根本にある。

 

また、例えば、親に進路に関して意見を言われる。

 

もし、私が、「どうせ私は夢もなく、つまらない出来損ないだ」と思っていたら、

過干渉だ!親に反対される。応援してくれない。なんてひどい親なの!と嘆くだろう。

 

一方、私が「私は夢があり、幸せな人生を送る人間だ」と思っていたら、

親も心配してくれている。もっと頑張ろう。人生の先輩としてのアドバイスだ、ちゃんと聞こう。

と思うだろう。

 

でも、無理やり、私は素晴らしいとか、価値のある人間だ、なんて、思わなくていいと思う。そんなの、私には無理。心からそんなビッグなこと言える人なんているのだろうか。

そうじゃなくて、「私は何があっても大丈夫」くらいでいいんじゃないかな。

 

私は何があっても大丈夫。

友達に無視されても大丈夫。

いじめられても大丈夫。

親に認められなくても大丈夫。

親に怒られても大丈夫。

 

だって、大丈夫でしょう。

いじめられたから、何?

親に認められないから、何?

 

私の価値に傷がつくとでもいうの?

いいえ、つかない。

 

なんでかというと、私が傷をつけないから。

誰に何をされても、最終的に自分を卑下して、傷つけられるのは私だけ。

私が傷つけなければ傷つかない。

 

そもそも人間の価値なんてものは、そんなのない。

誰が決めるの。誰の評価が正しいの。

 

そもそも、人間っていうのは、価値をつける様なものじゃないってこと。

評価の対象にもならないってこと。

コンテストの出場者ではないってこと。

良し悪しがあるものではないってこと。

人と比べることもできないってこと。

 

私の価値。そんなものは存在しないってこと。

そもそも、ね。

 

だから、何があっても大丈夫なのだ。

 

私は大丈夫なの。

私は傷つかないの。

 

だから、

私は素晴らしいの。

自信があるの。

 

広告を非表示にする